ちゃぶ台置けばそこはお家♪

昨夜は

先月、代々木公園にて

ちゃぶ台を囲み

ごはんを食べ、歌い、踊っていたら

その和に入り

共に

そこに祭りをうみだしてくれた!

 

 

という素敵な出逢いをした

みなさんとの再会!

 

f:id:ASAMUSUBI:20170516204448j:image

 

 

f:id:ASAMUSUBI:20170516210454j:image

 

 

 

に、

高円寺にて路上ちゃぶ台*

 

 

 f:id:ASAMUSUBI:20170516211259j:image

 

 

f:id:ASAMUSUBI:20170516210445j:image

 

 

 

ちゃぶ台って

ほんとうに不思議で

どこでも置いたら

食卓に変身するし

あっという間に

どんなにアウェイ感満載の場所でも

じぶんのホームになるから不思議。

 

 

特にそれを

感じたのが

昨年*ちゃぶテロ*と題して

成田空港でちゃぶ台を広げたときのこと。

 

 

怒られないかな。と

どきどきしながら始めたのに

あっという間にそこはホームに。

 

おむすび食べて

それから2時間もまったりしてしまった!

 

 

 

 

お家でどんなじぶんで在るかは

人それぞれだけれども、

 

 

 

お家って

じぶんがじぶんに

ただいま。って還れる場所

 

 

じぶんがじぶんで在れる場所。

 

 

 

ちゃぶ台もそんな存在でありたいと願っているし

わたしのちゃぶ台でそうなれなくても

ひとりひとりのちゃぶ台...じぶんで在れる場というのが

必ず存在している。

 

 

わたしが

地球をちゃぶ台にしたい。のは

みんな、ひとりひとりがじぶんで在れる場の

フィールドを広げたいから。

 

 

 

言葉はほんとうはなんでもいいのだけど

ちゃぶ台がじぶんで在れる場ならば

地球そのものがちゃぶ台になっちゃうことで

地球に住むみんながじぶんで在れちゃうよね。

 

というかそうでしかない。

 

 

どんなじぶんだって

いつでも*じぶん*だけれど

 

 

いのちが、

いのちそのものの輝きを

待っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

第一の食卓〜銀河夢祭り〜2017*3*11

 

はじまりのはじまり*

 

 

2017*3*11

東日本大震災から6年のこの日。

 

 

 

仲間と共に

ひとりひとりが太陽であることを

思い出すお祭り*銀河夢祭りをはじめた。

 

 

はじめた。というより

わたしたちの住んでいる

この銀河そのものがすでに

銀河の中心を真ん中にして

星々がただただ輝きグルグル回って盆踊りをしていて

 

 

今わたしたちが生きているこの瞬間にも

この宇宙そのものが

すべてと繋がりながら祭りをしている。

 

 

だから、

すでに存在していてわたしたちが忘れてしまっている

この祭りを思い出すんだ。

 

わたしたちがかつて太陽であって

だからこそ、輝きたいということを。

いつだって輝いていることを。

すべてのいのちが輝いていいんだ。ということを。

何にも遠慮はいらない。

 

 

 

 

 

それと同時にわたしは

銀河の真ん中のバルジがちゃぶ台であり、

そのちゃぶ台を太陽である星々が

囲んでいるように見える。

 

 

そして、星々はただ星々であるだけで存在していて

すべてのいのちと繋がりあって、廻り巡ってたくさんのいのちを活かし生かしている。

 

 

だから、ちゃぶ台を囲むことは

この宇宙本来の生き方を取り戻す

ひとつのスイッチになるのでは。

 

と密かに思いながら

ちゃぶ台をあちこちへ運んで

みなとちゃぶ台を囲んでいる。

 

 

といっても、はじめから

そんなこと思っていたわけでもなく

ただ単純に**面白そうだから**からはじまった

このちゃぶ台との日々のごはんも単純に旅も

後になって、そのじぶんのなかに眠っていた

深いふかい理由が、ふとヒモ解かれる瞬間があって面白い。

 

 

だけど、それは

ちゃぶ台の全面がその答えだとしたら

分かったひとつの理由は

ちゃぶ台の上のほんの一点であって

だからこそ、わたしはみんなとちゃぶ台を囲み続け

結び続けているのかもしれない。

 

 

いつだって、誰であっても

目の前の人がひとつの食卓が

そのヒントを教えてくれる気がしている。

 

 

 

 

食卓を、結びをより意識するいうになったには

震災があって炊き出しに仲間と出掛けたときから。

 

 

段々と

食べものも配られて満たされていくなかで

やはり食卓を創りたいとおもったのは

食卓を通してホッとココロ解けて繋がる瞬間が

そこにはうまれると信じていたから。

 

 

被災者、支援者という枠を越えた

ひとつのいのちとして

共にごはんを作ること、共にごはんを食べることで

繋がり合えた歓びを感じたから。

 

 

青空の下で

食卓を囲み笑顔がうまれたその瞬間を

あとになって、じぶんのやりたかったことはこれだな。と気がついた。

 

 

 

そんな、

わたしの生き方を大きく変えるキッカケになった震災から6年のこの日。

たくさんのいのちが空にかえり、多くの苦しみ悲しみもうまれたこの日に…

そんな日だからこそ、祭りを。

 

 

大阪万博の際に

岡本太郎がつくった**太陽の塔**のある万博公園にて。

実はこの日は太陽の塔の誕生日でもある。

 

 

 

 

*祭り当日ーー

 

被災地へ炊き出しへいっていたときのように

ごはんを炊いてギリギリまで冷めないであたたかくもっていける

工夫をしてみんなでおむすびを結ぶ*

 

今回はおよそ100人分のごはんをすべて土鍋で炊いた。

そして温かな豚汁。

 

f:id:ASAMUSUBI:20170323160510j:image

この日に授かり、新たに仲間入りしたお釜くん♡

 

 

f:id:ASAMUSUBI:20170323160622j:image

お釜で炊いたごはんだけは熱々炊きたてで、

みんなに熱々ごはんをそのまま食べてもらった

 

 

f:id:ASAMUSUBI:20170323160742j:image

 

f:id:ASAMUSUBI:20170323160808j:image

f:id:ASAMUSUBI:20170323160824j:image

 

f:id:ASAMUSUBI:20170323160844j:image

 

f:id:ASAMUSUBI:20170323160915j:image

 

f:id:ASAMUSUBI:20170323160952j:image

 

f:id:ASAMUSUBI:20170323161028j:image

 

f:id:ASAMUSUBI:20170323161103j:image

 

f:id:ASAMUSUBI:20170323161141j:image

 

f:id:ASAMUSUBI:20170323161158j:image

 

(photo  by*chinami komatsu)

 

 

 

 

 

みんなの笑顔を見ていたら

コトバはいらない。とおもえた。

 

 

 

 

 

すべてのいのちへ

 ありがとう♡

 

 

 

 

 

special  Thanks

 

◎共にごはんを食べてくれたみんな

◎当日、炊き出し準備の結び隊

 

お米たち

◎宮城  すずめ農園さん ササシグレ

◎宮城  六根舎さん  ひとめぼれ

 

 

野菜たち

◎三重  水の谷農園さん

◎三重   ふるさとファームさん

 

 

土鍋や大なべ

◎三重  ふるさとファームさん

 

 

 

ゆめ進化論研究所

◎ドリームアーティスト  大志

◎祭り人   川端洋輔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食卓を結ぶ旅のこと

 

今回のこの結びの旅のこと*について

いくつか決まっていること

 

 

*期間*

 

生涯掛けてやっていくことではあるけれど

今回の旅の期間は

 

◎2017*3*11〜2017*8*28(旧暦の七夕*富士山頂)

 

 

 

 

 

 

 

*場所*

 

日本全国どこでも

 

小さな食卓も大きなおおきな食卓も

家庭の食卓、青空の下での食卓、どこでも*

 

 

 

 

 

 

 

*移動手段*

 

天ぷら油カーを主として

だけど無理せず、とらわれずに自由に♪

 

 

 

 

 

 

 

*メンバー*

 

◎とみひで

 

◎麻美

 

◎ちゃぶ台

 

◎お釜くん(新入り)

 

募集◎みんな(共にちゃぶ台を囲んでくれる人たち)

 

 

 

 

 

 

 

*食卓料*

 

結料(むりょう)

 

ただただ、放っていきます*

 

 

 

※コラボしてやる場合は異なる場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

*ルート*

 

これから*

呼んでくれた人、会いにいきたい人の

住む場所とタイミングで決めていきます*

 

 

現在決まっている食卓

 

*3/25 仙台 

 

*4/2 東京 元氣堂

 

*4/22 東京 ピクニック

 

 24日から仙台に向けて北上していく予定*

関東圏や北上途中で立ち寄れるところ参れます〜〜!

 

 

 

 

 

 

*なにをもって1食卓なのか?*

 

これはまだよくわからない。

だって、食事って日々のことであって

イベントや頼まれた食卓だけでなく

とみひでと囲む2人だけの食卓もまいにち豊かな食卓であって

突然にうまれる幸せな食卓もある。

 

およそ、5ヶ月ある旅の期間

88の食卓を超えることはおおいにありえそうなのだ。

 

 

 

 

 

f:id:ASAMUSUBI:20170322195219j:image 

 

 

 

 

我が家へきて♪や一緒に食卓を創りたい!人は

こちらからご連絡ください♪

 

 

*mail*

asami.kikkawa*gmail.com

(*を@にかえて)

 

facebookページ*

 

 【ニッポン全国88の食卓を結ぶ旅】で検索を♪

 

 

88の火の鳥がやってきた

せんじつ、わたしたちの元へ

88羽の火の鳥がやってきてくれました。

 

 

 

一万円札に描かれている

京都の平等院鳳凰堂にある

鳳凰をじっと見つめていたら

 

 

 

この火の鳥がわたしを

背中に乗せて

世界中いろんなところへ連れていってくれる

イメージがやってきた。

 

 

そうしたら、

ほんとうに迎えにきてくれた

たくさんの火の鳥たち*

 

 

 

詳しい話は

先日、facebookの投稿より引用ー

 

 

***

 

(2017*3*21 麻美 facebookより)

 

**太陽が太陽で在るだけで、
地球にあるたくさんのいのちが育まれているように、あなたがあなたで在るだけで
たくさんのいのちの為になることを知っててほしい****

 

 

 

 

きょう、
ゆめ予備校の体験会を
受けてくれた女の子へと渡したコトバ。

目の前の彼女へのコトバだったけれど、

 

 

 

 

あ~
これはわたし自身へのコトバであり、
わたしがずっとほしかったコトバであり、
ずっと信じ続けてきたことであり、これを信じてきたからここまでやってこれた、大切な想いだった。

 

 

 

 

2011年3月21日。

6年前の今日。
東日本大震災から10日後。

とみひでとそれぞれのスナオな想いをカタチに、おむすびを結んで沿岸部へいくことを決めた。

小さなちいさな一歩だったけれど、わたしもとみひでも
じぶんのこれまでの枠をえいっ!と越えるおおきな大きな···今になって思えばこのときから、*じぶんにスナオに生きる*といういのちを懸けた壮大な実験のはじまりだった。

 

 

 

 

*じぶんを生きたらすべてのすべての為になる。そしてすべてが回る。*

 

 

 

そう信じてはじめた
ゆめむすびという生き方。

 

 

 

 

んもーう、、
いろーんなことがあったけど
たくさんたくさん
めげそうになったけど 
それでもやってこれたのは
隣で誰よりも、わたしよりも
わたしを信じてくれてた人がいたから。  

 

 

 

共に生きたいとおもう仲間がいたから。

 

 

  

そして2017*3*21、
大冒険がはじまった
6年目の今日。

 
このじぶんを生きる。という生き方へ、じぶんを結び続けてきたことへ、大きなエネルギーがひとつの結晶となってわたしの元へやってきた。

 

 

 

何かをしたから
何をどれだけやったから
お金を渡す。のではなく

どれだけ、
あなたがあなた自身であったか。じぶん自身で在り続けたか。へお金を渡していく**元気玉bank **よりわたしの元へ88万円が、
88羽の火の鳥がやってきて
受け取らせてもらった🐥

 

 

 

 

そして、共にそれを
見守ってくれた史ちゃんから
わたしがわたしで在るだけで
誰かの為になにもしなくとも
その誰かもじぶんじしんに結ばれていく。ということを受け取らせてもらった。

 

 

 

誰かの為に生きなくていい。
あなたがあなたで在ることが
最高の愛であり、贈り物である。

 

 

 

 

 

 

あのとき、
わたしのなかに
投げ込まれた
**IMAGINE **という問いを、
真っ白なハンカチからの
*あなたは誰ですか?*..
という問いの答えは

 


わたしじしんだった。

 

 

 

**井上 麻美**であり、
**じぶんじしんである**こと。

 

 

この、受け取ったバトンを
アンサーを問いに替えて
今度はわたしが投げかけていく。

 

 

*あなたは誰ですか?**

 



 

そんな風に

88の食卓がはじまりと共に

88の火の鳥たちもやってきました♡

 

 

f:id:ASAMUSUBI:20170322185706j:image

 

 

 

 

 

ゆめはいつのまにか じぶんのなかに

 

きょうから結びの旅はもちろん

その準備からあれこれ綴っていきたいとおもう。

 

 

f:id:ASAMUSUBI:20170305230841j:image

 

 

 

あれこれ書いたけど消えてしまったので簡単に。

 

 

 

 

 

少なくとも一昨年から

少しずつ変化はあれどこの旅を願っていた。

 

 

 

 

 

すぐにやってやろう。ーとおもいながら

けっきょく今の今までできてこなかった。

 

 

 

 

 

 

いろんな人に公言、協力をお願いしながら

どこかできないんじゃあないか。。というおもいも

知らず知らずにあったようにおもう。

 

 

 

 

 

きょう、夕飯を食べながら

共に旅をする 旦那*とみひでと話していたのだが

 

 

 

前と状況は変わってないのに

できる。今ここに在る。感覚しかないよね。と話していた。

 

 

 

 

 

 

状況というので大きく占めるのがやはり*お金*。

 

お金ができたからこの旅をはじめよう。とおもえたのではない。

 

 

 

 

 

なぜなら

現在このプロジェクトにあてられるお金は0円。

そんなスタートだ。笑♡

 

 

 

 

 

 

 

さて、どうなることやら?!

 

 

 

 

 

 

 

きょうは天ぷら油カーに変身させる

ディーゼル車をネットにて探しはじめました🎶

 

 

f:id:ASAMUSUBI:20170305230830j:image

 

 

 

あ、このブログに加え

Facebookページもはじめたよー🎶