ちゃぶ台置けばそこはお家♪

昨夜は

先月、代々木公園にて

ちゃぶ台を囲み

ごはんを食べ、歌い、踊っていたら

その和に入り

共に

そこに祭りをうみだしてくれた!

 

 

という素敵な出逢いをした

みなさんとの再会!

 

f:id:ASAMUSUBI:20170516204448j:image

 

 

f:id:ASAMUSUBI:20170516210454j:image

 

 

 

に、

高円寺にて路上ちゃぶ台*

 

 

 f:id:ASAMUSUBI:20170516211259j:image

 

 

f:id:ASAMUSUBI:20170516210445j:image

 

 

 

ちゃぶ台って

ほんとうに不思議で

どこでも置いたら

食卓に変身するし

あっという間に

どんなにアウェイ感満載の場所でも

じぶんのホームになるから不思議。

 

 

特にそれを

感じたのが

昨年*ちゃぶテロ*と題して

成田空港でちゃぶ台を広げたときのこと。

 

 

怒られないかな。と

どきどきしながら始めたのに

あっという間にそこはホームに。

 

おむすび食べて

それから2時間もまったりしてしまった!

 

 

 

 

お家でどんなじぶんで在るかは

人それぞれだけれども、

 

 

 

お家って

じぶんがじぶんに

ただいま。って還れる場所

 

 

じぶんがじぶんで在れる場所。

 

 

 

ちゃぶ台もそんな存在でありたいと願っているし

わたしのちゃぶ台でそうなれなくても

ひとりひとりのちゃぶ台...じぶんで在れる場というのが

必ず存在している。

 

 

わたしが

地球をちゃぶ台にしたい。のは

みんな、ひとりひとりがじぶんで在れる場の

フィールドを広げたいから。

 

 

 

言葉はほんとうはなんでもいいのだけど

ちゃぶ台がじぶんで在れる場ならば

地球そのものがちゃぶ台になっちゃうことで

地球に住むみんながじぶんで在れちゃうよね。

 

というかそうでしかない。

 

 

どんなじぶんだって

いつでも*じぶん*だけれど

 

 

いのちが、

いのちそのものの輝きを

待っている。